なた豆茶ブレンドにはカフェインが入っている?

カフェインには眠気を覚ましたり集中力をアップさせたり、脂肪の分解を促す、余分な水分を排出させるといったうれしい効果がある反面、、胃痛を引き起こしたり貧血を起こすといった困った症状も見られます。メリット・デメリットがあるのはどの食品でも同じですが、特にここ数年は中毒性のあるカフェインよりもノンカフェインの方が健康に良いとして健康効果のあるお茶はノンカフェインのものが好まれる傾向にあります。

 

特に女性の場合、元から貧血気味と言う方も多いですし、コーヒーが好きで1日に何杯も飲むと言う方は、ノンカフェインのお茶を健康茶として選ぶのは良いことだと思います。そこで、今回はなた豆の健康効果に着目した人気のお茶「なた豆茶ブレンド」にカフェインが含まれているかどうかを調査しました。

 

なた豆茶ブレンドにはカフェインが入っているのか?

なた豆茶ブレンドはおいしく飲めるように、なた豆特有の風味を消すためにはと麦と黒豆をブレンドしています。だから「なた豆茶“ブレンド”」という商品名なんだと思います。なた豆茶ブレンドに使われている、なた豆、はと麦、黒豆にカフェインが含まれているのか調べてみると、この3つはどれもノンカフェインということがわかりました。どの材料にもカフェインが含まれていないので、カフェインを気にされる方でも安心して飲んでいただけます。

 

また、夜寝る前に飲んでも眠れなくなる、トイレに行きたくて目が覚めてしまうということがないのもうれしいですね。ただし、妊娠中の方はなた豆茶ブレンドを飲むのは控えた方が良いかもしれません。はと麦には子宮収縮作用があるため、早産や流産の原因になる可能性があるからです。公式ホームページを見る限りでは妊娠中・授乳中に飲めるかどうかが記載していなかったので、気になる方は問い合わせてみましょう。カフェインが入っていないので、お子さんにも安心して飲ませられます。なた豆には免疫力を高める作用やアレルギー症状を緩和させるなどの健康効果もあるので、なた豆茶ブレンドを小さなお子さんも含めてご家族で飲んでいる方も多いです。

なた豆茶ブレンド


今すぐ試してみる

なた豆茶ブレンドの購入はこちらから